選ぶ基準はこれ!


パソコン 小人3

『会社のホームページを作ろう』『コーディングを外注しよう』と思った時『どの企業に依頼すればよいのか』また『相場はいくらか』と迷うはずです。

そんなあいまいなコーディングの外注先企業の選ぶ基準をピックアップしました。

安さにひっかかってはいけない!

コストを抑えたいと先ず考えたとすると【基本料金無料】の文字が気になるはずです。

コーディングの外注で【基本料金】は大体10,000円~30,000円の間でまちまちです。

この【基本料金】がないだけでも惹かれてしまいますが、こういった無料の場合あとからオプションがいくつかついてきて結局費用が掛かってしまう結果になってしまいます。

第一印象の”無料”をつかったトリックです。

コーディングの相場はまだあいまいなので安いか高いかの判断が効かないうちは考慮しておきたいものです。

また『どこでコストを抑えているのか?』が見えてこない企業はクォリティーが低いこともあるので注意です。

平均的な相場は

サイト制作ではデザインとコーディングのこの二つの料金がメインでその後にCMSの盛り込みやLP(ランディングページの制作)などが付随してきます。

その相場は以下の通りです。

・TOPページデザイン        5万円
・下層ページデザイン        5万円
・TOPページコーディング      1万5千円
・下層ページコーディング      1万5千円
・CMS盛り込み            5万円
・LP制作                10万円

あくまでも平均的な相場なので、現状は企業ごとにバラつきが見えるので適正価格が分かるようになるまでは少し時間がかかりそうです。

ホームページ制作を依頼しようと思った時、専門用語が分からずに何に費用を費やしているのか理解しないままでいることは大変危険です。

『基本料金は無料なのに気付いたらいろいろオプションがついてきて大変な金額になった』という事態は珍しくありません。

コーディングを請け負っている企業の中にはオプション一切なしの【ページ数】×【ページ単価】と見積もりが素人でも分かりやすく工夫しているところもあるので、試しに外注する時はこのような企業が様子見に適しています。

費用対効果が見込めればそのまま本格的に依頼するのもいいでしょう。

出来上がりのクォリティーは本当に良いか?

料金の次はクォリティーの話をしましょう。

WEBサイトのクォリティーは

・ユーザーに見やすい
・動きや装飾が面白い
・コンバージョン(契約)につながる流れになっている

とこの三つにみることができます。

せっかくホームページを作ったのにお客がすぐにサイトから離れるようでは無駄に等しくなります。

依頼者側も日々ネットサーフィンを通してユニークなサイトやコンバージョンにつながるサイトの研究をして目を肥やしておく必要があります。

発見したアイディアは制作会社に意見してもっと良くしてもらうようにしましょう。

『安い!早い!うまい!』コーディング外注企業があったのでここで紹介します